「娯楽と生活習慣に関する調査」を実施

この調査は、11都市 (札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都23区、横浜市、川崎市、相模原市、名古屋市、大阪市、福岡市) にお住いの18~24歳の方5,500人に依頼しております。
該当年齢の縮図となるよう、学術研究調査で認められている正式な手続きを経て、住民基本台帳から統計的な手法により無作為に選ばせていただいた結果で、まったく他意はございません。
調査結果は、厚生労働省における政策の企画・立案の基礎資料として活用されます。

調査は、平成31年4月上旬頃から5月上旬頃にかけて実施いたしますが、事前に依頼ハガキを郵送したうえで、お伺いいたします。

調査員は、日時を変えて何回か訪問させていただきますので、お待ちいただく必要はございません。
もしご不在時にお訪ねした場合には、メモを置かせていただきます。
また、本調査は、担当の調査員がご自宅に訪問して、その場で面接でお答えいただくものです

調査ご協力のお礼として、2000円分のQUOカードもご用意いたしております。

調査実施の詳しい内容は、本調査の実施を委託している専門の調査機関「一般社団法人 新情報センター」のホームページをご覧ください。

一般社団法人 新情報センターのホームページ

▲このページの先頭へ