厚生労働省補助事業「娯楽と健康に関する調査」を実施しています

 この調査は、法律(ギャンブル等依存症対策基本法)に基づいて、宝くじの購入、パチンコ、証券の取引なども含めた、広い意味でのギャンブルの実態を把握することを目的としていますが、ギャンブルをしない方も是非ご協力ください。
 調査は、全国で300の調査地点を統計学的に抽出し、18歳から74歳までの約1万7千人の方々に調査へのご協力をお願いしております。
 ご協力をお願いする方々は、日本国民の縮図となるように学術研究調査で認められている正式な手続きを経て、住民基本台帳から統計的な手法により、無作為に選ばせていただいた結果ですので、全く他意はございません。
 調査結果は、今後のギャンブル等依存症対策に関連した施策を検討するための貴重な基礎資料となりますので、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力たまわりますようよろしくお願い申し上げます。

なお、調査委託事業者・お問い合わせは以下にお願いいたします。

株式会社RJCリサーチ 調査実施部
担当 高宮、伯耆(ほうき)田(だ)、山本、松本
住所:東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル6階
電話:0120-035-217(フリーダイヤル)(平日 10:00~18:00)
ホームページ:https://www.rjc.co.jp

▲このページの先頭へ