病院概要 / 施設紹介

病院概要

当センターは、昭和38年に日本で初めてアルコール依存症専門病棟を設立し、現在では4ヶ病棟でアルコール依存症の治療を行っています。患者さんの自主性を尊重した治療は、"久里浜方式"として全国各地に広がっています。

また、平成元年にはWHO(世界保健機関)から日本で唯一のアルコール関連問題の施設として指定されました。

アルコール依存症の他に、うつ病や統合失調症などの精神疾患を対象とした入院設備もあり、物忘れ外来などの神経内科や消化器内科にも力を入れています。

療養する病棟は東京ドームの3倍という広大な敷地の中にあり、目の前には野比海岸、遠目には東京湾を隔てた房総半島の山々、院内には緑豊かな丘やホタルの生息する小川もあり、自然に恵まれた最適な環境にあります。

施設紹介

診療科 6診療科
  • 内科
  • 精神科
  • 消化器科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
稼働病床数(医療法病床数)
総数 291床(332床)
一般病床 45床(86床)
精神病床 194床(194床)
医療観察法病床 52床(52床)
職員数(H30.4.1現在)
総数 313名
医師 24名(常勤 23名、非常勤 1名)
看護師 186名(常勤 171名、非常勤 15名)
その他 103名(常勤 66名、非常勤 37名)
看護配置
  • 地域一般入院料1
  • 看護補助加算2
  • 精神病床:13対1
  • 看護補助加算2
  • 精神科急性期治療病棟入院料1
施設基準
  • 施設基準取得一覧表
  • 入院基本料・入院医学管理料
  • 地域一般入院料1
  • 看護補助加算2
  • 精神病棟入院基本料(13:1)
  • 看護補助加算2
  • 精神科急性期治療病棟入院料1
  • 救急医療管理加算
  • 医療環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 医療安全対策加算1
  • 医療安全対策地域連携加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携受入加算
  • 重度アルコール依存症入院医学管理加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • 精神科急性期医師配置加算
  • 指導管理等
  • ニコチン依存症管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 認知症専門診断管理料
  • 検査
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 画像診断
  • MRI撮影(3テスラ以上)
  • 遠隔画像診断
  • CT撮影(16列以上64列未満マルチスライス型機器)
  • 精神科 ショート・ケア「小規模なもの」
  • 精神科ティ・ケア「大規模なもの」
  • 精神科作業療法
  • 医療保護入院等診療料
  • 酸素の購入単価。

久里浜医療センターについて

▲このページの先頭へ