理念・使命 / 沿革

理念・使命

当センターは、依存症全般にわたる治療、臨床研究、教育研修、予防・情報発信を軸とした高度専門医療を提供します。

沿革

昭和16年 6月
横須賀海軍野比分院として創立
昭和20年12月
厚生省に移管、国立久里浜病院として発足
昭和22年 4月
国立療養所久里浜病院に改称
昭和38年 7月
国内初めてのアルコール依存症専門病棟を設置
昭和51年 3月
結核病床の全面廃止
昭和64年 1月
WHOアルコール関連問題研究・研修センターとして指定される
平成16年 4月
独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センターとして発足
平成18年 4月
医療観察法病棟を設置
平成20年10月
2か所目の医療観察法病棟を設置
平成24年 4月
独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターに名称変更
現在に至る

久里浜医療センターについて

▲このページの先頭へ