依存症スクリーニングテスト一覧

アルコール症スクリーニングテスト

テストの特徴
  • 簡単な質問に答えるだけで短時間に結果が得られる。
  • 専門家でなくても実施可能。
  • 医師による診断とは性質が異なり、主に早期介入や予防に用いられる。

  • KAST (男性版)
  • KAST (女性版)
  • 久里浜医療センターによって作られた日本人向けアルコール依存症のスクリーニングテストです。2003年に改訂されました。



  • CAGE
  • アルコール依存症のスクリーニングテストで4項目しかないので簡単にできます。




  • AUDIT
  • アルコール関連問題の評価に用いられる世界中で最もよく用いられているスクリーニングテストです。依存症のスクリーニングテストとして用いることもあります。




  • 体質を用いた"食道がん高危険群"のスクリーニングテスト
  • アルコール飲料は国際的にも発がん物質と認められており (IARC、2007年)、特に食道などの消化器のがんとの関連が強く指摘されています。この食道がんトップテン健診では、簡単な質問に答えるだけで食道がんのリスクの高い上位10%の方を同定することができます。

ネット依存のスクリーニングテスト

テストの特徴
インターネット依存 (嗜癖) に関しては、現時点で世界的に認められた診断基準はありません。したがって、依存の程度などを評価する目的で、スクリーニングテストが使われることがあります。以下に、世界的によく使われている2種類のスクリーニングテストをご紹介します。お試しいただく前に、以下の点にご注意ください。

  • いずれも、本邦で作成されたものではありません。
  • テストの原版を私どもができるだけ原文に忠実に邦訳し、邦訳版を専門家に原文にバックトランスレーション (原文戻し翻訳) いただき、私どもの邦訳の妥当性を確認しています。
  • 点数の評価は原版そのままになっています。わが国の状況が加味されていませんので、あくまでも評価の「参考」と考えてください。
それぞれのテストの内容は以下の通りです。なお、翻訳やわが国での使用に関しては、開発者から許可を得ています。

アメリカのKimberly Young博士によって開発された20項目の質問からなるテストです (原版は英語)。おそらく、世界で最もよく使われているテストと思われます。IAT (Internet Addiction Test) は、基本的にご自分で読んで回答いただくタイプのテストです。もちろん、テストをする人 (例えば病院の専門家) が質問項目を読んで、ご本人に回答いただいても結構です。



ITの先進国、韓国では、ネット依存、特にネットゲーム依存が大問題になっています (※そのあたりの事情については、「国際レポート : 韓国のネット事情」を参照ください。)
インターネット依存自己評価スケール・K-スケールは、このような背景から、青少年のネット依存をスクリーニングするために韓国政府が開発しました。当初は40項目の質問から成っていましたが、その後、20項目版、15項目版などが開発され、ここでは最新の15項目版を掲載しました。
その後、K-スケールは、対象とする人の年齢、誰が評価するか、使用している機器等により細分化されたスケールが作成されてきています。たとえば、自分で回答するタイプの青少年用、周囲の者が評価するタイプの青少年用、スマホ用、などです。
ここでは、最も基本である「自分で評価するタイプの青少年用K-スケール」と「自分で評価するタイプの成人用K-スケール」を示します。

病院のご案内

▲このページの先頭へ