樋口 進

樋口 進Susumu Higuchi

  • 久里浜医療センター院長
  • 依存症対策全国センター長
  • WHOアルコール関連問題研究・研修協力センター長
  • 慶應義塾大学医学部客員教授
  • 藤田医科大学医学部客員教授

専門領域

  • 臨床精神医学
  • アルコール関連問題の予防・治療・研究
  • ゲーム障害・ギャンブル障害等の行動嗜癖の予防・治療・研究

認定資格

  • 医学博士
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会認定医

所属学会、委員会、役職等

  • 国際アルコール医学生物学会(International Society for Biomedical Research on Alcoholism, ISBRA)前理事長 、2018年大会長
  • 国際嗜癖医学会(International Society of Addiction Medicine, ISAM)アジア・太平洋地区代表、2014年大会長
  • 国際行動嗜癖研究学会(International Society for the Study of Behavioral Addiction, ISSBA)理事、2019年大会長
  • アジア・太平洋アルコール嗜癖学会(Asia-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research, APSAAR)理事、事務局長
  • 日本アルコール関連問題学会(理事長)
  • 日本アルコール・アディクション医学会(理事)
  • 日本精神神経学会(代議員)
  • 日本アルコール医学生物学研究会(運営委員)
  • アルコール関連問題予防研究会(代表)など

委員等

  • WHO専門家諮問委員(薬物依存・アルコール問題担当)
  • 厚生労働省アルコール健康障害対策関係者会議会長
  • 内閣府ギャンブル等依存症対策推進関係者会議会長
  • その他多数

雑誌、メディア等

  • Alcoholism: Clinical and Experimental Research, Field Editor
  • Journal of Behavioral Addictions, Editorial Board
  • Substance Abuse Journal, Editorial Board
  • International Addiction Review, Editorial Board
  • その他

主な論文、著作リスト

  • Higuchi S et al. Ethanol patch test for low Km aldehyde dehydrogenase. Lancet 1:629, 1987.
  • Higuchi S et al. Calmodulin-dependent protein phosphatase from Neurspora crassa: Molecular cloning and expression of recombinant catalytic subunit. J Biol Chem 266: 18104-18112, 1991.
  • MuramatsuT, Higuchi S et al. Molecular cloning of a calmodulin-dependent phosphatase from murine testis: identification of a developmentally expressed nonneural isoenzyme. Proc Natl Acad Sci, USA 89: 529-533, 1992.
  •   Higuchi S et al. Aldehyde dehydrogenase genotypes in Japanese alcoholics. Lancet343: 741-742, 1994.
  • Higuchi S et al. Alcohol and aldehyde dehydrogenase polymorphisms and the risk for alcoholism. Am J Psychiatry 152: 1219-1221, 1995.
  • Higuchi S et al. Japan: alcohol today. Addiction 102: 1849-1862, 2007.
  • Higuchi S et al. Efficacy of acamprosate for the treatment of alcohol dependence long after recovery from withdrawal syndrome: a randomized, double blind, placebo-controlled study conducted in Japan (Sunrise Study). J Clin Psychiatry 76: 181-8, 2015.
  • Miyata H, Higuchi S et al. Nalmefene in alcohol-dependent patients with a high drinking risk: a randomized controlled trial. Psychiat Clin Neurosci 73: 697-706, 2019.
  • Higuchi S et al. Long-term safety and efficacy of nalmefene in Japanese patients with alcohol dependence: one-year extension study. Psychiat Clin Neurosci,in press.
  • 樋口 進 (著): ネット依存, PHP新書894. PHP研究所, 東京, 2013.
  • 樋口 進 (著): お酒が減らせる練習帳. メディカルトリビューン, 東京, 2013.
  • 樋口 進 (監修): ネット依存症から子どもを救う本. 法研, 東京, 2014.
  • 樋口 進 (監修): 心と体を蝕む「ネット依存症」から子どもたちをどう守るか. ミネルヴァ書房, 京都, 2017.
  • 樋口 進 (著): スマホゲーム依存症. 内外出版社, 東京, 2017.
  • 樋口 進(監修): 新版アルコール依存症から抜け出す本. 講談社, 東京, 2018.
  • 樋口 進 (編著): 現代社会の新しい依存症がわかる本. 日本医事新報社, 東京, 2018.
  • 樋口 進 (監修):ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本. 講談社, 東京, 2018.
  • 樋口 進, 廣 尚典 (編著): 職場X依存症・アディクション, 南山堂, 東京, 2019.
  • 樋口 進 (監修): ギャンブル依存症から抜け出す本. 講談社, 東京, 2019.
  • 樋口 進ほか (編著): 新アルコール・薬物使用障害の診断治療ガイドライン. 新興医学出版, 東京, 2019.
  • 樋口 進 (著): 今すぐ始めるアルコール依存症治療. 法研, 東京, 2019.
  • 樋口 進(著)Q&Aでわかる子どものネット依存とゲーム障害, 少年写真新聞社, 東京,

メッセージ

管理業務の傍ら毎週火曜日はインターネット依存専門外来、水曜日にはギャンブル・インターネット依存専門外来、アルコール依存症・一般精神科の再来を担当しています。また、インターネット依存のNIPプログラムや入院治療にも携わっています。依存症に限らず、うつ病、パニック障害、統合失調症等の一般精神科疾患を広く診療しています。

病院のご案内

▲このページの先頭へ