インターネット依存自己評価スケール(青少年用) K-スケール

以下の15の各質問について、最もあてはまる回答をクリックしてください。
スケールの下の「判定」ボタンをクリックすると、総得点と要因別得点が表示されます。依存レベルの判定の指示従いまして、自身の依存レベルの評価とその対策を確認ください。

  1. インターネットの使用で、学校の成績や業務実績が落ちた。
  2. インターネットをしている間は、よりいきいきしてくる。
  3. インターネットができないと、どんなことが起きているのか気になってほかのことができない。
  4. “やめなくては”と思いながら、いつもインターネットを続けてしまう。
  5. インターネットをしているために疲れて授業や業務時間に寝る。
  6. インターネットをしていて、計画したことがまともにできなかったことがある。
  7. インターネットをすると気分がよくなり、すぐに興奮する。
  8. インターネットをしているとき、思い通りにならないとイライラしてくる。
  9. インターネットの使用時間をみずから調節することができる。
  10. 疲れるくらいインターネットをすることはない。
  11. インターネットができないとそわそわと落ち着かなくなり焦ってくる。
  12. 一度インターネットを始めると、最初に心に決めたよりも長時間インターネットをしてしまう。
  13. インターネットをしたとしても、計画したことはきちんとおこなう。
  14. インターネットができなくても、不安ではない。
  15. インターネットの使用を減らさなければならないといつも考えている。

I. 採点方法

  1. 全くあてはまらない: 1点、あてはまらない: 2点、あてはまる: 3点、非常にあてはまる: 4点
  2. ただし、項目番号9番、10番、13番、14番は、次のように逆に採点する
    全くあてはまらない: 4点、あてはまらない: 3点、あてはまる: 2点、非常にあてはまる: 1点

Ⅱ.総得点および要因別得点

1.総得点

  1. ① 1~15番 
    合計  点

  1. ② A要因(1、5、6、10、13番) 
    合計  点

  2. ③ B要因(3、8、11、14番) 
    合計  点

  3. ④ C要因(4、9、12、15番) 
    合計  点

開発者韓国情報化振興院(National Information Society Agency)より許可を得て翻訳・使用
翻訳者: 久里浜医療センターTIAR
バックトランスレーションによる妥当性確認: Sungwon Roh博士(ソウル国立病院精神保健研究部長)

依存レベルの判定と対策

1. 高リスク使用者
判定: 総得点が以下に該当するか、または、3つの要因別得点のすべてが以下に該当する場合
  1. 中高生
    総得点 → 44点以上
    要因別得点 → A要因 15点以上、B要因 13点以上、C要因 14点以上
  2. 小学生
    総得点 → 42点以上
    要因別得点 → A要因 14点以上、B要因 13点以上、C要因 13点以上
評価と対策: あなたはインターネット依存傾向が非常に高いです。専門医療機関などにご相談ください。
2. 潜在的リスク使用者
判定: 総得点または要因別得点のいずれかが以下に該当する場合
  1. 中高生
    総得点 → 41点~43点
    要因別得点 → A要因 14点以上、B要因 12点以上、C要因 12点以上
  2. 小学生
    総得点 → 39点~41点以下
    要因別得点 → A要因 13点以上、B要因 12点以上、C要因 12点以上
評価と対策: インターネット依存に対する注意が必要です。インターネット依存におちいらないよう節度を持って使用してください。
3. 一般使用者
判定: 総得点および要因別得点のすべてが以下に該当する場合
  1. 中高生
    総得点 → 40点以下
    要因別得点 → A要因 13点以下、B要因 11点以下、C要因11点以下
  2. 小学生
    総得点 → 38点以下
    要因別得点 → A要因 12点以下、B要因 11点以下、C要因 11点以下
評価と対策:インターネットが健全に使用できているか、普段から自己点検を続けてください。

病院のご案内

▲このページの先頭へ