刊行物

アルコール依存症関連

今すぐ始める アルコール依存症治療

今すぐ始める アルコール依存症治療
編集
樋口 進(国立病院機構久里浜医療センター 院長)
出版社
法研
単行本
A5判 176頁
定価
1,600円(税抜き)
出版日
2019年06月10日 発行

職場×依存症・アディクション

職場×依存症・アディクション
編集
樋口 進(国立病院機構久里浜医療センター 院長)
廣 尚典(産業医科大学産業生態科学研究所 精神保健学研究室 教授)
出版社
南山堂
単行本
B5判 160頁
定価
2,376円(本体2,200円+税8%)
出版日
2019年1月 発行

現代社会の新しい依存症がわかる本

現代社会の新しい依存症がわかる本
著書
樋口 進(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長)
出版社
日本医事新報社
単行本
256頁
定価
4,320円
出版日
2018年10月20日

新アルコール・薬物使用障害の診断治療ガイドライン

新アルコール・薬物使用障害の診断治療ガイドライン
著書
樋口 進(日本アルコール関連問題学会 理事長)
齋藤 利和(日本アルコール・アディクション学会 理事長)
湯本 洋介(独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター)
出版社
新興医学出版社
単行本
160ページ
定価
5,616円
出版日
2018年09月18日

お酒をのんで、がんになる人、ならない人

お酒をのんで、がんになる人、ならない人
著書
横山 顕
出版社
星和書店
四六判
232ページ
定価
1,500円(+税)
出版日
2017年04月

Addiction Medicine(Oxford Medical Publications)

Addiction Medicine(Oxford Medical Publications)
著書
John B. Saunders、Katherine M. Conigrave、Noeline C. Latt、 David J. Nutt
E.jane Marshall、Walter Ling、Susumu Higuchi
出版社
Oxford Univ Pr
出版日
2016年10月25日

お酒が減らせる練習帳

お酒が減らせる練習帳
著書
樋口 進
出版社
メディカルトリビューン
四六判
175ページ
定価
1,300円(+税)
出版日
2013年12月

新・アルコールの害

新・アルコールの害
著書
樋口 進
出版社
少年写真新聞社
大型本
72ページ
「なぜ、未成年者はアルコールを飲んではいけないのか?」その疑問に答え、未成年者の飲酒の害(脳、内臓への悪影響、多量飲酒による中毒、依存の進行、危険な行為に走るなど)を、専門医が科学的な根拠をもとに、写真や図を用いてやさしく解説します。
定価
2,200円(+税)
出版日
2012年12月

アルコール依存症から抜け出す本 イラスト版

アルコール依存症から抜け出す本 イラスト版
監修
樋口 進
出版社
講談社
単行本
102ページ
依存症から抜け出すために、分かりやすくまとめられています。《第1章 どこまで飲むと、依存症なのか》、《第2章 依存症は酒ぐせではなく病気》、《第3章 困ったら、どこに相談するか》、《第4章 精神療法や薬物療法を受ける》、《アルコール依存症の治療が受けられる医療機関全国版リスト》。
定価
1,200円(+税)
出版日
2011年05月

アルコール医療ケース・スタディ

アルコール医療ケース・スタディ
編者
白倉克之、丸山勝也
出版社
新興医学出版社
単行本
168ページ
「アルコール医療入門」の姉妹編として、具体的な症例の取り扱いを中心に構成されています。
定価
3,700円(+税)
出版日
2008年11月

健康日本21推進のためのアルコール保健指導マニュアル

健康日本21推進のためのアルコール保健指導マニュアル
監修
樋口 進
出版社
社会保険研究所
B5版
300ページ
依存症者よりはむしろ、一般飲酒者や大量飲酒者への保健指導に重点が置かれています。第1部では基礎知識、第2部では保健指導を実践する上での具体的な方法、実例などが提示されています。医療従事者ではない方も理解しやすい内容です。
定価
3,200円(+税)
出版日
2003年05月

アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドライン

アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドライン
編集
白倉克之、樋口 進、和田 清
出版社
じほう
単行本
237ページ
実際の診断や治療に生かされるように、心理・社会的サポートも含めた治療法など、アルコール・薬物関連障害の知見がまとめられています。
定価
3,500円(+税)
出版日
2002年12月

アルコール医療入門

アルコール医療入門
監修
樋口 進
出版社
新興医学出版社
単行本
168ページ
医療関係者向けの本です。アルコールの吸収と代謝、急性アルコール中毒、離脱症候群、アルコール関連身体疾患、アルコール関連精神障害、女性のアルコール問題、高齢者のアルコール問題など、アルコール医療を理解するための内容が網羅されています。
定価
3,300円(+税)
出版日
2000年12月

研究・情報提供

▲このページの先頭へ