内視鏡検診センター

このページは、内視鏡検診センターのご紹介ページです。受診案内を含め、内視鏡検診センターに関する詳細情報をご覧いただけます。

受診案内

初診受付は完全予約制となっています。
電話でのお問い合わせ・ご予約は、13:30~15:00にお願いいたします。

●小児は通常通り予約を承っております●

  • 現在、2ヶ月以内に診療できるよう予約を調整しております。
    20歳までの患者様は通常通りお電話で予約が取れます
    学業・仕事に支障が出ている方は予約を早めますのでお伝えください。
  • 成人患者様は2ヶ月以内の予約枠が一杯になったため、一時受付を停止しており、次回は7月1日(月) 13:30から予約を承ります
    遠隔地の方で受診をご希望の方もいらっしゃいますのでお電話でのみ予約を承っております。直接来院されましても予約をお取りすることができませんので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

遠隔地や学業で受診しにくい方のための夏季小児初診外来を準備しました。
排便障害でお困りの小児・学生の方のご受診をお待ちしています。

  • 初診 (要予約) : 【成人】水曜午前中 【小児】木曜午前中
  • 再診      : 月曜・金曜

  • 院内窓口では受付けておりませんのでお電話でお願いします。
  • 予約枠が定員になり次第終了となりますのでご了承ください。
  • 40歳以上の方で病歴が半年未満の方は「癌や炎症など」の重篤な疾患が症状を起こしている可能性があります。まずは近隣の医療機関を受診して「癌や炎症など」の器質的疾患がないことをご確認ください。

受診の流れ

1. 電話で初診予約

【初診予約専用ダイヤル】046-848-1550
【診療受付時間】平日 8:30 ~ 15:00
【電話での問い合わせ時間】平日 13:30 ~ 15:00

  • 初診予約は、【成人】水曜午前中、【小児】木曜午前中でお取りしています。
  • お電話のお問い合わせについては、13時頃は電話が大変つながりにくくなっております。混みあう時間帯をさけておかけなおしてください。
区分 初診・再初診 (受付) 再診 (受付)
IBS・便秘外来 予約制 (内科外来)
【予約】046-848-1550 (代表)

IBS・便秘の初診外来日 (要予約)
【成人】水曜午前中
【小児】木曜午前中
予約制
【予約専用電話】046-839-2260
【受付時間】14:00~17:00

IBS・便秘の再診外来日
月曜・金曜

  • 再初診とは、最終受診より6ヶ月 (IBS・便秘、内科は3ヶ月)以上経過して受診することを言います。
  • 再診とは、最終受診より6ヶ月 (IBS・便秘、内科は3ヶ月)以上経過する前に受診することを言います。
  • 都合により休診の場合がありますので、事前に電話等でご確認ください。
  • 65歳以上の方は可能であれば紹介状をご準備ください。

2. 受診

初診での外来診察・検査は、

  • 詳細な問診票による病歴の把握
  • 腹部レントゲン撮影による便・ガス・腸管形態の評価
  • ストレスモニターによるストレスの評価

などを総合してIBS・便秘のメカニズムを把握し治療を開始いたします。
長い間、腹痛や排便障害に悩まされた方は実際にご自身の目で排便障害の原因を見て理解していただくことも非常に強力なバイオフィードバックツールとなります。

治療経過から判断して必要な方には大腸内視鏡を予約して、癌や炎症性疾患の除外と共に

  • 大腸内視鏡による腸管運動異常 (ストレスによる) の観察と腸管形態評価
  • 大腸内視鏡直後にCTコロノグラフィーを撮影して腸管形態客観的評価

を行います。

診察を受けられる方へ
  • 大腸内視鏡所見 (検査自体が難しかったか・痛かったか)
  • 注腸造影画像 (CTコロノグラフィー画像)
  • 腹部レントゲン画像
  • 内服薬の情報と効果
は診断と治療の上で貴重な情報です。
可能な方は上記の情報をご持参頂けると幸いです。

  • 20歳までの方、学業・仕事に支障が出ている方は早く診察できるようスケジュールを調整しますのでお伝えください。
  • 65歳以上の方は身体合併症が便秘へ影響している可能性があります。可能でしたら紹介状をご準備ください。
  • 初診で受診される方は電話でのご予約をお願いいたします。
初診患者さんの診察には病態を把握するための時間を必要とするため、現在、小児初診外来は約1ヶ月待ち成人初診外来は約3ヶ月待ちとなっております。
4月10月の学会シーズンは休診が多く、ご迷惑をおかけします。
大腸内視鏡検査を予約されて受診される方へ
良好な状態で検査を行うため、検査前日はフルーツ・根菜・キノコ・海藻・豆類など便に残りやすい食事を避けていただき、夕食は検査前日、19 : 00時までに食べ終わってください
薬局で販売されている大腸内視鏡検査食をご利用いただけると検査を速やかに開始できます。
就寝前に通常内服されている下剤もしくは市販の下剤を通常量服用してください。
お茶・透明な水分は受診時まで自由に飲んでいただいて結構です。
当日朝の降圧剤は内服をお願いいたします。
※検査前日の食事については、以下資料をご参考ください。
大腸内視鏡検査前日の食事

  • 検査日をお電話で予約して頂く必要があります。抗血小板薬や抗凝固薬など血液をサラサラにする薬を内服している場合は予約時にその旨をお伝えください。
  • 70歳以上の方は体への負担を考慮し、一度診察をした上で検査を予定いたします。
遠隔地の方、お仕事などで時間を取りにくい方へ
検査日一日だけで診断・治療方針の決定を行うことも可能ですが、病悩期間が長い方は腹部のレントゲンなどで治療経過をみて、マッサージやエクササイズを含む生活指導や食事指導、内服薬の調整が必要となります。
長期間症状に悩まされている方は、検査日と合わせ数回の受診をご考慮いただけると幸いです。
大腸内視鏡検査をされて臨床研究に参加いただける遠隔地の方はメールなどを介して病状を聴取して、アドバイスいたします。
治療方針が決定し軌道に乗れば、お住まいの地区のご希望の医療機関にご紹介いたしますので長期間の通院は不要です。

論文関連ニュース

BioMedLibによる大腸内視鏡挿入部門での論文ランキングTop20のベストにランキング
「先端柔軟大腸内視鏡」の「浸水法」による運用が困難症例での大腸内視鏡挿入時間、疼痛を軽減することを報告した論文がBioMedLibによる大腸内視鏡挿入部門での論文ランキングTop20のベストにランキングされました。リストには浸水法関連手技を用いた海外論文も載っています。

これからも容易で苦痛の少ない大腸内視鏡挿入法、器具の運用・開発に努めます。

BioMedLib
Top 20 AList 1 : Top 20 Articles, in the Domain of Article 22969214, Since its Publication (2012)

  1. "Passive-bending colonoscope" significantly improves cecal intubation in difficult cases.
    Mizukami T, Ogata H, Hibi T.
    World J Gastroenterol; 2012 Aug 28;18(32) : 4454-6.
  2. Carbon dioxide insufflation does not reduce pain scores during colonoscope insertion in unsedated patients: a randomized, controlled trial.
    Chen PJ, Li CH, Huang TY, Shih YL, Chu HC, Chang WK, Hsieh TY.
    Gastrointest Endosc; 2013 Jan;77(1) : 79-89.
  3. Reduced pain during screening colonoscopy with an ultrathin colonoscope : a randomized controlled trial.
    Garborg KK, Lberg M, Matre J, Holme O, Kalager M, Hoff G, Bretthauer M.
    Endoscopy; 2012 Aug;44(8) : 740-6.
  4. A prospective randomized study on the benefits of a new small-caliber colonoscope.
    Sato K, Ito S, Shigiyama F, Kitagawa T, Hirahata K, Tominaga K, Maetani I.
    Endoscopy; 2012 Aug;44(8) : 746-53.
  5. Flicking method: a novel colonoscope insertion method for surveillance colonoscopy in ulcerative colitis patients.
    Sato T, Miyawaki T, Katsuno T, Nakagawa T, Inoue M, Watanabe Y, Hishikawa E, Arai M, Yokosuka O.
    Dig Endosc; 2012 Sep;24(5) : 343-7.
  6. Impact factors for difficult cecal intubation during colonoscopy.
    Liang CM, Chiu YC, Wu KL, Tam W, Tai WC, Hu ML, Chou YP, Chiu KW, Chuah SK.
    Surg Laparosc Endosc Percutan Tech; 2012 Oct;22(5) : 443-6.
  7. How do I overcome difficulties in insertion?
    Jung Y, Lee SH.
    Clin Endosc; 2012 Sep;45(3) : 278-81.
  8. Does the variable-stiffness colonoscope makes colonoscopy easier? A meta-analysis of the efficacy of the variable stiffness colonoscope compared with the standard adult colonoscope.
    Xie Q, Chen B, Liu L, Gan H.
    BMC Gastroenterol; 2012;12:151.
  9. Water immersion simplifies cecal intubation in patients with redundant colons and previous incomplete colonoscopies.
    Vemulapalli KC, Rex DK.
    Gastrointest Endosc; 2012 Oct;76(4):812-7.
  10. Predictive factors affecting cecal intubation failure in colonoscopy trainees.
    Park HJ, Hong JH, Kim HS, Kim BR, Park SY, Jo KW, Kim JW.
    BMC Med Educ; 2013;13:5.
大腸ポリープ切除法がBioMedLibによる大腸ポリープ治療の論文としてTOP20のベストにランキング
当院水上の開発した「大きな大腸ポリープの安全な内視鏡切除法」"アンカークリップ法 (Dig Endosc; 2010;22 (4) : 366-9) "が大腸腫瘍の内視鏡治療部門でBioMedLibによる2010年論文ランキングTop20のベストにランキングされました。
今後も安全容易な検査・治療法を開発し、医療の標準化に貢献すべく頑張ります。

BioMedLib Thursday, May 24, 2012
Top 20 Articles, in the Domain of Article 21175500, Since its Publication (2010)

  1. Anchor clip technique helps in easy prevention of post-polypectomy hemorrhage of large colonic polyps.
    Mizukami T, Hiroyuki I, Hibi T :
    Dig Endosc; 2010 Oct;22(4):366-9
  2. Prospective randomized comparison of cold snare polypectomy and conventional polypectomy for small colorectal polyps.
    Ichise Y, Horiuchi A, Nakayama Y, Tanaka N :
    Digestion; 2011;84 (1) :78-81
  3. Location in the right hemi-colon is an independent risk factor for delayed post-polypectomy hemorrhage: a multi-center case-control study.
    Buddingh KT, Herngreen T, Haringsma J, van der Zwet WC, Vleggaar FP, Breumelhof R, Ter Borg F :
    Am J Gastroenterol; 2011 Jun;106(6):1119-24
  4. Optimal timing of anticoagulation pre- and post-colonoscopy with polypectomy.
    Khubchandani IT, Heyrosa MG, Thekkeurumbil SV :
    Tech Coloproctol; 2011 Jun;15 (2) :185-9
  5. Large colorectal polyps--endoscopic polypectomy as an alternative to surgery.
    Spychalski M, Buczyński J, Cywiński J, Dziki Ł, Langner E, Sygut A, Trzciński R, Dziki A :
    Pol Przegl Chir; 2011 Oct 1;83 (10) : 531-6
  6. The rate of post-polypectomy bleeding for patients on uninterrupted clopidogrel therapy during elective colonoscopy is acceptably low.
    Feagins LA, Uddin FS, Davila RE, Harford WV, Spechler SJ :
    Dig Dis Sci; 2011 Sep;56 (9) : 2631-8
  7. A prospective randomized comparison of cold vs hot snare polypectomy in the occurrence of postpolypectomy bleeding in small colonic polyps.
    Paspatis GA, Tribonias G, Konstantinidis K, Theodoropoulou A, Vardas E, Voudoukis E, Manolaraki MM, Chainaki I, Chlouverakis G :
    Colorectal Dis; 2011 Oct;13(10) : e345-8
  8. [Surveillance of patients after colonoscopic polypectomy and curative resection of colorectal cancer].
    Niv Y, Half B, Moshkowitz M, Kariv R, Vilkin A, Levi Z :
    Harefuah; 2010 Oct;149(10) : 670-3, 682
  9. Management of malignant colonic polyps: a population-based analysis of colonoscopic polypectomy versus surgery.
    Cooper GS, Xu F, Barnholtz Sloan JS, Koroukian SM, Schluchter MD :
    Cancer; 2012 Feb 1;118(3) : 651-9
  10. Recommendations for post-polypectomy surveillance in community practice.
    Ransohoff DF, Yankaskas B, Gizlice Z, Gangarosa L :
    Dig Dis Sci; 2011 Sep;56(9) : 2623-30
  11. Randomized, controlled trial of standard, large-capacity versus jumbo biopsy forceps for polypectomy of small, sessile, colorectal polyps.
    Draganov PV, Chang MN, Alkhasawneh A, Dixon LR, Lieb J, Moshiree B, Polyak S, Sultan S, Collins D, Suman A, Valentine JF, Wagh MS, Habashi SL, Forsmark CE :
    Gastrointest Endosc; 2012 Jan;75(1) : 118-26
  12. Value and interpretation of resection margin after a colonoscopic polypectomy for malignant polyps.
    Jang EJ, Kim DD, Cho CH :
    J Korean Soc Coloproctol; 2011 Aug;27(4):194-201
  13. Routine and advanced polypectomy techniques.
    Kedia P, Waye JD :
    Curr Gastroenterol Rep; 2011 Oct;13(5):506-11
  14. Surveillance after colorectal polypectomy; comparison between Japan and U.S.
    Tanaka S, Obata D, Chinzei R, Yoshida S, Sanuki T, Morita Y, Yoshida M, Fujita T, Toyonaga T, Kutsumi H, Inokuchi H, Azuma T:
    Kobe J Med Sci; 2011;56(5) : E204-13
  15. Colonoscopic polypectomy--evaluation of the effectiveness and safety (single center experience).
    Peterlejtner T, Szewczyk T, Buczy?ska E, Zdrojewski M, Firkowski P, Kwiasowski R, Wojtowicz L :
    Pol Przegl Chir; 2011 Aug;83(8) : 438-42
  16. Colonoscopic polypectomy and long-term prevention of colorectal-cancer deaths.
    Zauber AG, Winawer SJ, O'Brien MJ, Lansdorp-Vogelaar I, van Ballegooijen M, Hankey BF, Shi W, Bond JH, Schapiro M, Panish JF, Stewart ET, Waye JD :
    N Engl J Med; 2012 Feb 23;366(8) : 687-96
  17. Mizukami T, Yokoyama A, Yokoyama T, Onuki S, Maruyama K. Screening by Total Colonoscopy Following Fecal Immunochemical Tests and Determinants of Colorectal Neoplasia in Japanese Men With Alcohol Dependence.Alcohol Alcohol. 2017 9;52(2) : 131-137.
  18. Ohgo H, Imaeda H, Yamaoka M, Yoneno K, Hosoe N, Mizukami T, Nakamoto H. Irritable bowel syndrome evaluation using computed tomography colonography. World J Gastroenterol. 2016 Nov 14;22(42)
  19. Is a biopsy necessary for colon polyps suitable for polypectomy when performing a colonoscopy?
    Chen CH, Wu KL, Hu ML, Chiu YC, Tai WC, Chiou SS, Chuah SK :
    Chang Gung Med J; 2011 Sep-Oct;34(5) : 506-11
  20. Endoscopic Management of Gastric Polyp with Outlet Obstruction without Polypectomy.
    Sun CK, Yang KC, Liao CS :
    Case Rep Gastroenterol; 2011 May;5 (2):267-7
  21. A case of lobulated and pedunculated duodenal hyperplastic polyp treated with snare polypectomy.
    Kawaratani H, Tsujimoto T, Nishimura N, Taniguchi T, Shirai Y, Kin K, Nakayama M, Fujii H, Fukui H :
    Case Rep Gastroenterol; 2011 May;5 (2) : 404-10
  22. Development and validation of a novel method for assessing competency in polypectomy: direct observation of polypectomy skills.
    Gupta S, Anderson J, Bhandari P, McKaig B, Rupert P, Rembacken B, Riley S, Rutter M, Valori R, Vance M, van der Vleuten CP, Saunders BP, Thomas-Gibson S :
    Gastrointest Endosc; 2011 Jun;73(6) : 1232-9.e2

診療科からのお知らせ

病院のご案内

▲このページの先頭へ