アルコール科

このページは、アルコール科のご紹介ページです。アルコール依存症の治療、受診案内を含め、アルコール科に関する詳細情報をご覧いただけます。

受診案内

祝日、年末年始 (12/29~1/3) を除く、平日の 8:30~11:00 に、当院外来棟3番窓口にお越しください。
予約の必要はありませんが、出来るだけ紹介状、診療情報提供書などをお持ちください。


アルコール依存症の外来治療
  • 平日は年末年始を除いて毎日診察
  • 初診時は、看護師等により病歴や家族構成など詳細な面接や、内科医、精神科医による診察など多職種による関わりにより今後の方針を決定
  • アルコール専門医による診察
  • 初診も紹介状なしでも受診可能。予約も不要。9時~11時まで受け付け
  • 年間600名の新患数

当院では日本最大のアルコール治療施設として、新規患者だけでも年間600名の診察を行っています。また、通常の診察に加え、患者さんの特徴と希望に合わせた外来でのプログラムを用意しております。


 外来でのプログラム

外来治療プログラム

比較的軽度のアルコール依存症者、もしくは何らかの事情で入院困難な方向けのプログラムです。3か月間、毎週火曜日に当院へ通院し、勉強会、ミーティング、医師の診察などを組み合わせた治療を行います。その後は、1年にわたり、月に一度程度の通院と手紙による治療を継続していくアルコール専門医、アルコールソーシャルワーカー、臨床心理士の多職種による専門治療です。

プレアルコホリックプログラム

何らかの飲酒問題を抱えているが、飲みっぱなしや離脱症状(禁断症状)の見られない、アルコール依存症まではいかない問題飲酒者を対象としたプログラムです。毎月第三月曜日の13時よりミーティングを行い、その後、専門外来を受診します。

アルコール依存症の入院治療
  • 日本最大のアルコール依存症入院治療施設
  • 若年・中年男性、高齢男性、女性、再飲酒予防トレーニングなど患者さんの特性に合わせた4つのコース
  • アルコール専門医による診察
  • 入院期間は2か月から3か月
  • 全コース共通の16回のアルコール勉強会に加え、患者さんの特性に合わせた各コース独自のプログラム

 入院でのプログラム

若年・中年男性コース

男性アルコール依存患者さんは最初、内科病棟 (西下病棟) に約3週間入院します。その間に離脱症状 (禁断症状) の治療と、頭部MRI、上部消化管内視鏡検査、各種血液検査などの内科的検査・治療を約3週間行い、身体的にも落ち着き、断酒教育を受ける準備が整ってから、若年・中年男性アルコール依存症病棟 (東6病棟) に移ります。東6病棟では、お酒に結びつきやすい考え方にフォーカスをあてる "久里浜式認知行動療法" 、患者さんによって運営される "東6病棟自治会" 、退院後の生活に備えた "週末外泊訓練" 、抗酒剤服用、自助グループ参加、作業療法などからなる約2ヶ月のプログラムを受けます。

高齢者コース

若年・中年男性と同様に、最初は内科病棟 (西下病棟) に入院し、各種検査や治療を行います。その後、高齢アルコール依存症専門病棟 (東1病棟) へ移り、高齢者向けの "認知行動療法" 、これまでの半生を振り返る "酒歴発表" などのプログラムがあります。高齢者の特性に配慮した緩やかなプログラムとなっており身体機能や、認知機能の低下した方でも対応可能となっています。入院期間は約3ヶ月です。

再飲酒予防トレーニング

当院でのアルコール治療を修了したのち再飲酒した男性患者さんを対象にしたプログラムです。内科病棟に入院し、内科的検査・治療と並行して、毎週2回、小集団セッションを行います。セッションでは断酒のための具体的な対処技術に焦点を当て全部で9回のミーティングを行います。一般に入院回数の増加に伴って治療成績は低下しますが、この方式では、退院後6か月時点の回復率50%となっており良好な治療成績が得られています。

女性コース

日本でも数少ない女性アルコール依存症専門治療コースです。アルコール勉強会、対処技能訓練法などの治療に加え、女性コース独自のプログラムとして、女性ソーシャルワーカーによる女性だけのミーティング (外来患者さんも参加) 、院外女性AA (桜木町AA) への参加などがあります。病棟は精神科開放病棟ですが、患者さんの約半数は女性アルコール依存症であり、また他の疾患の患者さんも含めると、定員45名のうち41名が女性病床 (時期により変動有) となっており、女性の患者さんに過ごしやすい構造となっています。

女性コース
日本でも数少ない女性アルコール依存症専門治療コースです。アルコール勉強会、対処技能訓練法などの治療に加え、女性コース独自のプログラムとして、女性ソーシャルワーカーによる女性だけのミーティング (外来患者さんも参加) 、院外女性AA (桜木町AA) への参加などがあります。病棟は精神科開放病棟ですが、患者さんの約半数は女性アルコール依存症であり、また他の疾患の患者さんも含めると、定員45名のうち41名が女性病床 (時期により変動有) となっており、女性の患者さんに過ごしやすい構造となっています。

退院後のアフターケア

入院治療後のアフターケアは断酒を継続する上で最も大切なもののひとつです。通常の定期的な通院に加えて当院では以下のプログラムを利用することができます。ご希望の方は担当医へご相談ください。

  1. アルコールデイケア
    退院後の仕事がない方、定年退職された方、自宅では時間を持て余してしまう方などを対象としたプログラムです。毎日通院していただくことによって単に断酒を継続するだけでなく規則正しい生活を送ることで健康を維持・回復することを目的としています。
    詳細についてはアルコールデイケアをご覧ください。

  2. 復職支援プログラム
    仕事にすぐには戻るのは不安、職場から再発を心配されているなどの理由で退院後にすぐには仕事に戻らない方を対象としています。毎日通院して断酒を継続するだけでなく仕事に戻るための準備をすることが目的のプログラムです。復職支援プログラムはうつ病の方と一緒に火曜日~木曜日にご参加いただき、月曜日、金曜日はアルコールデイケアに参加していただきます。詳細についてはデイケアにおけるうつ病・うつ状態、アルコール依存症の復職支援プログラムをご覧ください。

診療科からのお知らせ

病院のご案内

▲このページの先頭へ