認知症・もの忘れ外来

このページは、認知症・もの忘れ外来のご紹介ページです。受診案内を含め、認知症・もの忘れに関する詳細情報をご覧いただけます。

概要

久里浜医療センターもの忘れ外来 (認知症疾患医療センター) は、精神科・神経内科を窓口として平成16年頃に開設しております。順次規模を拡大し、月・火・水に新患と再来を行っておりました。
これまでに、平成19年全国規模のアルツハイマー病縦断観察研究 (J-ADNI研究)に参加、平成21年には日本老年医学会・日本認知症学会の学会認定施設となり、診療・研究・教育面での受け皿となるべく診療活動を行っておりました。

「もの忘れ外来は認知症疾患医療センターとして生まれ変わりました」

平成24年1月から、もの忘れ外来は神奈川県の指定を受け認知症疾患医療センターとして業務を拡大します。地域の認知症疾患医療センターとしてお気軽にご相談できる身近な窓口を目指します。これまでの経験を生かして認知症の早期診断・早期治療を進めて参る所存です。

当院では、認知症専門医・精神科医師が診察にあたるだけでなく、心理療法士が認知症の心理検査を行い、ケースワーカーが各種行政サービス取得のお手伝をいたします。また、最新の画像装置(ヘリカルCT、MRI、脳血流検査装置)を用いて的確な診断をします。

MRI撮影装置:GE社製 DiscoveryMR750W MRI撮影装置:GE社製 DiscoveryMR750W

認知症の進み具合を決めるのは脳病変だけではありません。精神状態と体の元気具合と環境が大事です。裏を返せば、健やかに脳が老いることも可能かもしれません。

あらゆる業種の専門家が知恵を出し合い、患者者の治療とケアに関わって参ります。どうぞ末長くご愛顧のほどお願い申し上げます。

診療方針

当センターでは、以下方針にて治療を行っています。


1. 認知症疾患の外来における早期診断・治療を行います (入院治療は行いません)

  • 包括的総合機能検査を導入しております。認知症患者さんの早期診断・治療を多角的に行います。ADLなどの身体面や患者さんの環境面を考慮した診断・治療です。
  • 画像機器:ヘリカルCT、MRI (1.5T、Siemens社製) 、SPECT (東芝製)
  • 認知機能検査:スクリーニング検査 (MMSEなど) 、早期診断検査 (ウェクスラーメモリースケール) 、治療効果検査 (ADAS) 、ほか
  • 髄液検査 (タウ蛋白検査) によるアルツハイマー病の早期診断
  • ケースワーカーによる相談業務

2. アルコール関連認知症の外来・入院治療を行います

  • アルコール依存症者は若年性の認知機能障害が現れます。
  • 断酒治療により一定の認知機能改善の効果があり、従来と同様に外来・入院治療を行います。
  • 入院期間は2ヶ月から3ヶ月です。

3. 病診連携を行います

  • 医療の集約と連携を行います。
  • 実地医家の先生方と連携し、認知症患者さんの定期検査や介護保険取得のお手伝いをします。
  • また、施設や認知症専門病棟を持つ病院との橋渡しをします。

4. その他

  • 地域への広報活動、臨床治験への参加、認知症の専門医の育成などを行います。

医師・スタッフ紹介

病院のご案内

▲このページの先頭へ