臨床検査科

このページは、臨床検査科のご紹介ページです。検査のご案内を含め、臨床検査科に関する詳細情報をご覧いただけます。

概要

臨床検査科は、検体検査室細菌検査室生理検査室などに分かれており、6名の臨床検査技師が資質の向上と技術の研鑚に努め、チーム医療の一員として医療の一翼を担うべく、業務を遂行しています。

【主な分析機】

  • キャノンメディカルシステムズ TBA-c8000 (生化学)
  • シスメックス XT-2000i (血液)
  • シスメックス CA-650 (凝固)
  • アボットジャパン ARCHITECT i1000SR (免疫)
  • 日本光電 NeuroFax EEG1218 (脳波)
  • 日本光電 CardioFaxG ECG2550 (心電図)
  • 日立 Avius (超音波)
  • 石川製作所 Benusα (骨密度)
  • アニマ G-5500 (重心動揺)
  • フクダ電子 VaSeraVS-1500AN/AE (血管年齢)

アルコール・精神の専門病院として、脳波検査の依頼は年間750件を超えており日本光電 NeuroFax EEG1218を導入し、周波数解析やマッピングにも利用されています。

検体検査分野では、肝線維化の把握としてⅣ型コラーゲンの測定や、肝障害の指標として血中総分岐鎖アミノ酸/チロシンモル比(BTR)の測定、膵炎および膵癌のマーカーであるエラスターゼ1の測定などを行っています。また血中アルコール濃度測定は常時依頼があります。

導入機器

  • 臨床化学自動分析装置 TBA-c8000

    キャノンメディカルシステムズ
    生化学自動分析装置
    TBA-c8000

  • 脳血流検査 東芝製 E-CAM SPECT

    シスメックス
    多項目自動血球分析装置
    XT-2000i

  • アボットジャパン 自動免疫測定装置 ARCHITECT i1000SR

    アボットジャパン
    自動免疫測定装置
    ARCHITECT i1000SR

  • 単純X線 CANON Digital radiography CXDI-701G Wireless

    日立メディコ
    デジタル超音波診断装置
    HI VISION Avius

診療支援プログラム

病院のご案内

▲このページの先頭へ