慢性便秘症

このページは、慢性便秘症への当医療センターの取り組みを掲載しています。慢性便秘症に関する多様な情報をご覧いただけます。

便秘で悩まれている方へ

生活習慣病としての慢性便秘症

慢性便秘症の対策の第一段階は薬ではなく、適度な運動とバランスの取れた食事です。
運動と慢性便秘症の関係の報告はいくつもありますが、運動を励行している学校や、体育系学部での保健室でお話を聞くと慢性便秘症はほとんど存在しない病気とされています。

そして最近よく言われるのは、日本人の食物繊維摂取量の低下です。
食物繊維摂取量の目標は男性20g、女性18gとされていますが、1960年頃より摂取量が低下して最近では15g程度まで減少しています。
池上先生がご報告された論文からの作成した図が示すように、穀物以外の食物繊維摂取量は変化していないが穀物由来の食物繊維摂取量が減っていて、その量がすなわち日本人の食物繊維摂取量の低下につながっているようです。

日本人の食物繊維摂取量の推移

穀物由来食物繊維の摂取量低下は米の精米度合いの上昇 (以前は食物繊維の多い玄米寄りだった) と米の摂取量が半減したこと、豆類 (特に皮がついているもの) の摂取量の低下が原因とされています。
米に玄米や雑穀を混ぜたり、皮を含む豆類を摂取することは、食物繊維補充の対策としては合理的です。
快便も大切ですが、快食もとても大切です。
食物繊維に富む食材の一つに加えて食事のバリエーションを広げましょう。

ただし、ひとつご注意いただきたいのは慢性便秘症には様々な原因があることです。
慢性便秘症診療ガイドラインはこちら

慢性便秘症のすべてに食物繊維が有効なわけではありません。
便が多くてお腹が張っている人が食物繊維を摂りすぎると逆効果になることがありますし、すでに努力していて効果がない場合は慢性便秘症の原因は他にあります。

慢性便秘症は体質です。
ご本人の慢性便秘症の原因を見つけて、まずは運動や食事の面から無理なく、長続きできる対策をして慢性便秘症体質とうまく付き合いましょう。

関連リンク

こちらから参考資料として「画像検査からみた便秘の病態」 をご覧いただけます。

以下「診療手順のご案内」において、年齢層や、病気別の診療ロジックと治療期間の目安を随時ご紹介いたします。


 「ご自身の腸」を知ってご自身の腸とのよい付き合い方を見つけましょう。

検査で異常がないものの排便障害に苦しんでいる方、特に従来の薬の効果が薄かった方のご受診をお待ちしております。

IBS・便秘外来 担当医師 : 水上 健



  • お待たせしていた初診外来を増枠しました。
    すでに予約を取られて2ヶ月以上の待ち時間がある方はご連絡いただけると短縮できる場合があります。
    学業や仕事に支障が出ている方は早く診察しますのでご予約の際にお伝えください。
  • これまで医療機関を受診されている方は検査結果を持参していただけると効率よく診察できます。
  • これまでの多くの経験から来院時のレントゲンだけでも腸管形態の評価が可能になりました。
    (普段通りの状態でレントゲンを撮らせていただけると、現在悩んでいる症状の原因を推測できます。診察前日は下剤を飲まないでいらしてください。)
  • レントゲンを診て必要があれば大腸内視鏡検査・CTコロノグラフィーを予定いたします。
  • 最初から大腸内視鏡検査やCTコロノグラフィーをご希望の方は「大腸内視鏡検査の予約」をお願いいたします。
  • 65歳以上の方は身体疾患を考慮する必要があるため、紹介状をお願いいたします。
  • 20歳未満の方、学業や仕事に支障が出ている方は早く診察しますのでお伝えください

病院のご案内

▲このページの先頭へ